ひきぷろのプログラミング日記

プログラミングの日記です。

Visual Studio Code をインストールしてみた

Visual Studio Code をインストールしてみました。
ちょっとずつ分かったことを書いていきます。

フォントの変更方法

Windowsにインストールしてみたところ、日本語フォントがMSゴシックっぽかったので設定を変えてみました。

メニューから、

File -> Preferences -> Workspace Settings

を開くと、

settings.json

というファイルが開かれます。

settings.json の内容を、次のように変更することで

  • 英語フォントは Courier New
  • 日本語フォントは メイリオ

みたいな設定になります。

// Place your settings in this file to overwrite default and user settings.
{
"editor.fontFamily": "Courier New, Meiryo"
}

とりあえず F1 キーを押す

F1 キーを押すと、画面上部にコマンド入力欄が出てくるので、そこに色々打ち込むとキーボードショートカットが確認できたりします。
あと、F1 キーのコマンドで

ext install

と書くと、拡張機能の一覧が出てくるようです。

拡張機能のリストは、Webでも見れます。
Visual Studio Marketplace

拡張機能の作り方

vscode-docs/samples.md at master · Microsoft/vscode-docs · GitHub

↑ このサイトに載っているのが作り方のサンプルっぽいです。
作ったとして、どうやってマーケットプレイスに登録するんでしょうね。。


vscode-docs/example-hello-world.md at master · Microsoft/vscode-docs · GitHub

↑ 一番簡単なサンプルはおそらくこれです。
example-hello-world っていう名前なので、おそらく簡単なんでしょう。
軽く見たところ、拡張機能を作るには結構大量のファイルが必要っぽいですね。


vscode-docs/vscecli.md at master · Microsoft/vscode-docs · GitHub

↑ ここの説明によると、 vsce っていうツールを使ってマーケットプレイスに登録するっぽいですね。


Microsoft/vscode-docs · GitHub

↑ ドキュメント類は (上のも含めて) だいたいここに置いてあります。
メニュー項目の日本語化がしたいんですが、どうやったら良いんでしょうね。。
ソースを拾ってきてリビルドとかしてたら分かるのかもしれませんが、大変そうな気がしてきました。

GitHub 内の Visual Studio Code 関連のリポジトリ一覧

Microsoft · GitHub

↑ このリンクを開くと、 "vscode-xxx" という名前のリポジトリが出てきます。